<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ブログを引っ越しました!
新しいブログはアメブロです。
よろしくお願い致します。
http://ameblo.jp/miya-naoko/

受賞しました!
第69回文化庁芸術祭優秀賞を個人受賞致しました。
ありがとうございました!
 
<< バスケット2 | main | ああ・・・ >>

予防接種で死亡

以下のようなニュース…みんな目にしたのかしらん…
私はネットニュースでも見なかった…
すごい大事件と思うのは私だけ?
予防接種や薬の副作用について書かれている箇所を読むと、???なことがいっぱい。
こんなリスクを冒してまで、飲んだり打ったりしてきたのは何だったのだろう・・と思う昨今です。
もう4年、病院や薬とは無縁です。

今年の花粉はきついのか、この3年間全く出なかったのが、少し出ました。
で、Mixed Pollen というレメディと、花粉症にいいと言われている数種を症状に合わせてコンビネーションしたものを摂ってみました。
2日間・・・鼻水とくしゃみの嵐…ホメオパを少し疑ってしまった…3日目・・・すっきり
好転反応でした。
私でも、う〜〜んと疑ってしまうから、普通の人はもっとだよな… 


『同時接種後4児死亡 肺炎球菌・ヒブワクチン使用見合わせ

 厚生労働省は4日、小児用肺炎球菌ワクチンや、細菌性髄膜炎などを予防するヒブワクチンを同時接種した乳幼児4人が相次いで死亡したと発表した。接種と死亡との因果関係は不明。同省は念のため、この2種類の接種を一時的に見合わせるよう、自治体や製薬会社に連絡した。今後、因果関係を調査する。

 接種を見合わせるのは、ファイザー社の小児用肺炎球菌ワクチン「プレベナー」と、第一三共のヒブワクチン「アクトヒブ」。4人のうち、川崎市の女児(生後3か月)と京都市の女児(同6か月)の2人は、両ワクチンとジフテリア・百日ぜき・破傷風混合ワクチン(DPT)の計3種類を同時接種し、それぞれ接種の3日後と翌日に死亡した。

 また、兵庫県宝塚市の2歳男児はプレベナーとアクトヒブを、同県西宮市の1歳女児はプレベナーとDPTを、いずれも同時接種し、翌日に死亡した。

〈小児用肺炎球菌ワクチン〉

 既に使われていた大人用とは別に、昨年2月に発売された。ファイザー社によると、これまで約200万回分を出荷。生後2か月〜9歳が対象で、最大4回接種する。政府は今年度、ヒブ、子宮頸(けい)がんと合わせた3種類のワクチンに対する公費補助を決め、接種を推進している。

2011年3月5日  読売新聞)』
ホメオパシー | permalink | - | - | - | -