<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ブログを引っ越しました!
新しいブログはアメブロです。
よろしくお願い致します。
http://ameblo.jp/miya-naoko/

受賞しました!
第69回文化庁芸術祭優秀賞を個人受賞致しました。
ありがとうございました!
 
<< お味噌作りと社交ダンス始めました | main | Rカフェオープニング感謝祭 >>

劇団桟敷童子を観る

今月に入って、パソコンのWindowsXPのサポートが終わるということで、趣味のOSインストールに火が付いて、ついでにメモリ増やしたり、使ってなかったパソコンまで引っ張り出して、Linux入れてみたり、人のパソコンにまでWin7のインストールしたりしてたら、アッと言う間にもう4月も後半になってしまいました。f^_^;)

ドライバを自動で検索してアップデートしてくれるフリーソフトとかも見つけて、楽しく家で引きこもっておりました。
もう何日、徹夜したことか?!

で、今日は久しぶりに芝居を拝見。
噂に聞いて、ずっと観たかった劇団桟敷童子の『海猫街』



まず、舞台美術!
もう私のツボでした。
すご〜く良かったです。
ここまで立て込むのは劇団でかつ、仕込みに時間かけないと無理だよな!
というような贅沢で、ステキな装置でした。

芝居自体もすごく面白かった〜。
扱ってる題材はある意味社会派といえば社会派だけど感じさせず、アングラっぽい猥雑さや演劇的仕掛けも満載で、ある一定のカタルシスも感じさせてくれる上質な舞台でした。
なんだか久しぶりに、舞台!!!
というものを観たようなステキな気分になりました。

スターとか、客寄せ的な人はたぶん出ていない舞台なのでしょうが、どの役も役者の皆さんもイキイキしていて良かったなあ〜。

劇団!
という感じでした。

殴り合うシーンがもう少し当ててるように見える工夫が欲しかったけど、これも演劇という枠組みの中では、リアルじゃなくても良いのかも…と思いました。
ちょっと懐かしい私たちが目指してたというか、ワクワクして客席に座っていた小劇場の良さ!
を堪能できる舞台でした。

そして演出家の愛を感じました。

こういうのを観ると、あ〜芝居演りたい!
と思います。
ステキな芝居をありがとうございました。


公演は墨田パークスタジオで5/3まで。

詳細


芝居・仕事 | permalink | - | - | - | -