<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ブログを引っ越しました!
新しいブログはアメブロです。
よろしくお願い致します。
http://ameblo.jp/miya-naoko/

受賞しました!
第69回文化庁芸術祭優秀賞を個人受賞致しました。
ありがとうございました!
 
<< 劇作家大会、今日からです!大御所のお二人が?! | main | 夏の公演のお知らせ(o^^o) >>

朗読した作品「Brigde」がこうのとり戯曲賞!

6/12〜15までの大会が無事終了しました!



本当にバタバタの毎日で、アッと言う間でした!

たくさんの懐かしい人たちとの再会や、遠くから見たことのあるだけのような劇作家のみなさまと交流が持てたり、様々な企画セミナーなど盛りだくさんでした。





何より、私がリーディングした西史夏さんの戯曲が、こうのとり戯曲賞をとりました!!
街角でリーディングをしてそれを聴いた人たちが選ぶという、とっても責任重大な役目でしたが素晴らしい作品で私自身読むことができて光栄でした!


こうのとり短編戯曲賞-受賞作決定!

このリーディング時の写真が、神戸新聞と朝日新聞にも掲載されてうれしかったですo(^▽^)o






他にも、シェークスピアの真夏の夜の夢から一場面を、劇作家の皆さんとレセプション前の数百人の皆さんの前で上演。
私は南河内万歳一座の内藤さん演ずるライサンダーの恋人ハーミアの役をやりました。

こちらは、リーディングと一転ピンクのドレスという、洋装!
鴻上尚史さんのメイクや、横内謙介さんの着付けとメイクとかしていて写真とれなかった〜(T . T)


代わりに横内さんが、セリフを手ぬぐいにカンペを仕込んで、爆笑をとっていた現物〜o(^▽^)o
お礼に頂きました!
アタマにピンクのおリボン付けた、かわいい女役がハマってました(^_−)−☆



朝の一時間のお稽古にこれを仕込んできて、みんなからズルイ!と言われてましたが、それすら笑いの種にしていたのはさすがでした(^_−)−☆


マキノノゾミさんは久しぶりの役者?で、一応動きのあるリーディングというていなのに、あのたくさんのセリフを覚えてきてましたね〜(^_−)−☆
それもまた、ズルイ!
と言われてましたが…o(^▽^)o

土田英生さんの女装も笑いました。

一時間ほどの稽古しかできないという事態でしたが、さすが劇作・演出家集団!
自分の役割へのこだわりは、面白すぎました。
文化祭のバタバタ?
という感じで、オーディションで参加してくださった皆さんも月を作ったり!
楽しい余興でした〜(^_−)−☆

また写真が来たらUPします!


マキノノゾミ、土田英生企画の
「劇作の達人」に円城寺あやさんとゲストゴメンティーターとして初日に出演。

マキノ、鐘下の達人コンビ
VS
若手劇作家コンビ

が、三日間で15分の短編を書いて、3日目の最終日にそれをリーディングしてどちらが良いかを決めるというパロディ?
ですが…

縛りは
女二人と男一人の3人芝居。
私とあやさんがクジで引いた
2つのセリフを必ず入れること
という約束。

リーディングは、渡辺えり、大谷亮介、西山水木の豪華三人o(^▽^)o

ビデオがモニターに繋がらないとかアクシデントはありましたが、これまた面白くて勉強にもなりました。

劇作家がどんな風に、書いてるかなんて役者は知らないですもんね〜。
プロットとか、シノプシスとか、箱書きとか、キャラクターの作り方とか…。

参加してすご〜く納得したのは、
役者としての役作りの作業は、作家がその役を、書くためにする作業を逆に辿っていくことだということ。

出来上がった、セリフの向こう側には膨大な設定や仕掛けがあって、役者はそれを一つ一つ、紐解いて推理していくのですね…o(^▽^)o

それが作家とは全く違う要素とか、役作りが役者サイドから上がって来たとしても、間違いではなく作家もそれで気付くこととか、刺激を受けてより面白くなるようにそれを稽古場でつくっていくということがものすごく、理論的にわかりました!

終わったあとも、それぞれ、ウンウン言いながら食堂で書いてる姿を見ることができたのも楽しかったな〜。

結果は達人の勝利だったようです(^_−)−☆


Tシャツの売り子もやったり!


先輩の辰巳琢郎も出演してたので、毎晩飲みに連れられて、違う企画の皆さんとなぜかこんな場に居たり…


みんなの浴衣を着せてあげたり



最後は帰りの電車の中で、西さんのお祝い兼ねて宴会しながら関西の地元に帰ってきたら…

ゲストで参加していたMODEの演出家の松本修さんも同じ駅に住んでることがわかり、同じ地元の劇作家石原燃ちゃんと、地元で締めにまた飲みました。


ふ〜o(^▽^)o

外湯に入る時間が全くなかったのですが、旅館の温泉も素晴らしいし、大会を支えてくれた城崎の皆さんのホスピタリティは、最高でした!

毎日、地元の料理人の皆さんが作って下さった食事は本当に凝ってて美味しかった〜o(^▽^)o

そして閉会式での、市長さんのお話に涙したのは私だけではないはずです。


という私の大会でした。
ありがとうございました!

色んな出逢いに感謝ですo(^▽^)o

芝居・仕事 | permalink | - | - | - | -